AVCJジャパンフォーラム 2023

日本トップクラスのプライベートエクイティ&ベンチャー・フォーラム

コンラッド東京・オンライン同時開催

28 Jun

アジア市場での投資機会:変化する投資環境

昨年のアジア市場でのプライベート・エクイティ投資は2021年から大幅に減少したが、それでも年間の案件総額は過去2番目の高さを記録した。最も顕著な減少幅だったのは新興市場で、グロース・ステージのテクノロジー企業への投資案件が牽引役となったそれまでの活況に対する反動が響いた。先進国市場はさほど影響を受けていないが、中国市場は多くの投資家にとり依然として難題のままとなっている。ただ、あらゆる市場に共通して言える問題は、ファンド運用者はこの先、これまでとは全く違う経済状況においても成功し続けることができるかどうかである。

  • ある特定のセクターに特化した案件がアジア市場では浸透しつつあるのか?
  • ベンチャー・キャピタルが最も魅かれるアジア市場はどこか?
  • アジア地域のGPを評価する際、重要なデューデリジェンス項目は何か?
  • ある特定の国に特化したファンド運用会社のLPの基盤はどう進化しているか?
image image image image image
  • Speakers keyboard_arrow_down
    image
    髙田 創一 プライベートエクイティ運用部長 東京海上アセットマネジメント株式会社 略歴
    image
    Edmond Wong Operating Partner iGLOBE PARTNERS 略歴
    image
    Pamela Fung Executive Director MORGAN STANLEY INVESTMENT MANAGEMENT PRIVATE EQUITY SOLUTIONS 略歴
    image
    Rahul Bhargava Co-Head of Asia ADVANTAGE PARTNERS 略歴
    image
    Hiroaki Wakashita Partner ORCHESTRA PRIVATE EQUITY 略歴