AVCJ プライベート・エクイティフォーラム ジャパン2024

コンラッド東京・オンライン同時開催

26 Jun

ミドルマーケット:中心的位置に

10年前、日本の年間のプライベート・エクイティ・バイアウトは約50件でしたが、2016年には80件を超え、2022年には120件となりました。5億USドル超規模の案件数は倍に増えましたが、依然としてミドルマーケットが最多となっています。事業承継と企業分割が合わさった案件が堅調なリターンをもたらし、大企業が断続的に規模を縮小していることから競争は激化しています。このセッションではミドルマーケットの専門家が状況を解説します。

  • 日本のミドルマーケットは最高のコストパフォーマンスを提供するか
  • マネージャーはディール・ソーシングと人材育成の問題をどのように強化しているか
  • スポンサー間取引は市場の重要な部分を占めるようになってきているか
  • 日本の産業が成熟するにつれ、スピンアウトを扱うGPは増えるか
image image image image image
  • Speakers keyboard_arrow_down
    image
    Hideyuki Ishii Partner KPMG FAS CO., LTD. 略歴
    image
    Yuki Kashiyama Partner, Investment Committee Member J-STAR CO., LTD. 略歴
    image
    秋山 翔平 チーフ・アドミニストレイティブ・オフィサー 日本産業推進機構(NSSK) 略歴
    image
    Toshitaka (Taka) Shimizu Partner L CATTERTON 略歴
    image
    大岸 崇是 パートナー T CAPITAL 略歴