マージャーマーケット M&Aフォーラム ジャパン2024

日本トップクラスのM&Aフォーラム

 コンラッド東京・オンライン同時開催

25 Jun

日本のプライベート・エクイティ:アジアの光明

マージャーマーケットのデータによると、2023年の日本のPE案件額はアジアの他の地域を上回る442億USドルとなり、過去最高水準を記録しました。コングロマリットの再編と変革が強力に進み、買い手と売り手のバリュエーションギャップが縮まるなど、資金を投資する必要のあるPEプレーヤーにとって魅力的なディール環境が生まれました。

逆境のなかにあってもPE投資家がアジア投資の主要市場として日本に注目する中、日本に向けられる資金量に見合う機会があるか、不況に対して市場はどのように反応するかなど、あらゆる問いに対する答えが求められています。このセッションではPEマネージャーの第一人者であるパネリストが、市場における機会と課題について意見を交わします。
    日本企業の成長パターンとイグジット手段
    大規模な非上場化案件の機会をどのように見つけるか
    GPはポートフォリオのバリュエーションに十分な規律を持っているか
    金利上昇や景気後退は今後、投資環境にどのような影響を与えるか
    市場はより多くのGPと大型ファンドを受け入れられるのか、それにより価値提案を歪めることにならないか

image image image image image
  • Speakers keyboard_arrow_down
    image
    寺見 興生 シニアクライアント・リレーションズ・マネジャー IFCアセットマネジメント 略歴
    image
    市川 雄介 パートナー アドバンテッジパートナーズ
    image
    秋山 翔平 チーフ・アドミニストレイティブ・オフィサー 日本産業推進機構(NSSK) 略歴
    image
    Reijiro Yamamoto Founding Partner INTEGRAL 略歴
    image
    Yasunori Maeda Managing Director SUNRISE CAPITAL 略歴
Language: English 日本語